司法書士の主要業務である立会いについて

借金を完済してほっとしている方も多いでしょうが、実はその借金は払い過ぎの状態かもしれません。
最近CMでも過払い金が戻ってくるということを聞くことも増えてきましたが、借金というのは払い過ぎの状態を解消することが可能です。

もし払い過ぎていた状態であればすぐにでも過払い金請求の作業を行ってください。
この手伝いをしてくれるのが司法書士の仕事です。

過払い金の場合は着手金がほぼ無料となっています。
その上でどのような方法で取り戻すかについて話し合いが行われ、多くの場合は和解案を出して取り戻すことになります。

司法書士は過払い金を請求するための手続きを一気に引き受けてくれるので、自分が何もしなくとも過払い金を取り戻すことができます。
ただ和解案だと全額は返ってこないので、ある程度の金額で妥協することも多いです。

司法書士は裁判ということが出来ないので、費用を安く抑えて和解案で過払い金を取り戻すという場合に利用すべきです。
最近は大手の司法書士事務所が裁判もできるようになっていますが、和解の方が早く返ってくることが多いです。

もし借金を完済して払いすぎではないかと思ったら司法書士に相談してください。
すぐに対処して返還手続きに踏み切ってくれます。

 

司法書士の仕事の中でも一番多い仕事と言えば不動産登記の仕事です。
不動産登記とは不動産に関する権利変動があった時、それを登記簿に正確に反映するように手続きをするものですが、不動産登記手続きは細かくて難解な規定があるので、専門的な知識を有している司法書士が本人に代わって手続きすることがほとんどです。

そして不動産登記にもいろいろな種類の登記がありますが、その中で一番多いのが不動産売買に関する登記です。
不動産取引が行われると所有権が売主から買主に権利が移ることになりますが、その際に不動産の名義を売主から買主に変更する手続きをすることになります。

そこで不動産取引の残金決済の際には必ず司法書士が取引現場で立会いをすることになり、この業務が司法書士の主要業務です。
立会い業務とはどのようなことをするのかというと登記手続きに必要な書類を確認するとともに売主と買主の本人確認や不動産を売買する意思の確認をして、問題なく取引が成立すると判断したら決済の宣言をすることになります。

そのため司法書士が不動産取引に立ち会うことによって売主も買主も安心して不動産取引をすることができます。
また立会い業務が終了したあとその日のうちに不動産売買の登記手続きをすることになります。

司法書士を目指す際に気をつけておきたい難易度

司法書士の資格を目指している方も、少なくないのではないでしょうか。
資格の中でもグレードの高い資格なので、目指している方は多いはずです。

しかし、司法書士の資格を取得することは、決して簡単なことではありません。
司法書士試験の難易度についても、まず知っておきましょう。

司法書士試験の難易度は高く、数ある資格試験の中でもトップクラスに難しいことは明白です。
試験の合格率も一桁台になることは当たり前で、3%前後の合格率になることも多いくらいなのです。

そのため、軽い気持ちで挑んで合格できるような資格ではありません。
しかし、受験制限がないメリットもあります。

どんな人でも受験をすることはできるので、誰にでもチャンスがあるのも、司法書士試験の魅力の一つなのです。
このような合格率のため、適当に勉強をしていては当然受かりません。

しっかりと独学以外で勉強をし、知識を吸収していく必要があるのです。
効率的な勉強方法を見つけていくことによって、少しでも合格率を上げていきましょう。

司法書士を目指す際には、こういったポイントにも気をつけておきましょう。
難易度が高いことは間違いありませんが、それでも可能性がないわけではありません。

知り合いに司法書士がいます

私の幼なじみが最近近所に引越してきたのです。
あまりにも久しぶりでとても嬉しかったです。

でも私は今とても困っている事があるのです。
それをどうしようか、ずっと困っていたのです。

できれば裁判をおこしたいのです。
でもどうすればいいか、素人の私には何もわかりません。

そんな時その幼なじみが相談にのってくれたのです。
なんと幼なじみは今では一人で司法書士をしていたのです。

ここへは開業するために引越してきていたのです。
その話を聞いて、私は裁判をこの幼なじみに依頼したのです。

ずっと弁護士に相談しようと考えていました。
でも知り合いに弁護士がいないし、どうやって依頼をすればいいかわかりませんでした。

できれば、知っている人で評判が良くて信用できる人が良かったのです。
でも誰もいません。

思い付きもしないのです。
司法書士の仕事が弁護士がする事もできると知ったのです。

それを知って、是非にと幼なじみに依頼をしたのです。
快く引き受けてもらいました。

私は泣き寝入りをしたくはないのです。
どうしても、この裁判で勝ちたいのです。

負けたくないのです。
だから信用できる人に依頼をしたいと思っていました。

そんな時に幼なじみが来てくれて、本当に良かったです。
とても心強いです。